忍者ブログ

広島のビンテージ・古着屋 Juicy.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

記憶。

広島の古着屋 Juicy です。

人間の記憶はあいまいです。

昔アメリカで冤罪について研究している団体が発表したことですが、
ハイスクールで授業の前、みんなが着席した後に一人の学校には無関係な
人物が教室に入ってきました。
みんな、みんなかどうかわかりませんがほとんどの人は「誰だろう?」と
その人物に目がいったはずです。

そのままその人物は反対のドアから何もせず、発しずに退室していきました。

その後担任の先生が教室に入って
「今入ってきた人物を見たか?どんなやつだった?」

あらゆる人物像があがりました。
きっと注意して見てなかった生徒も聞かれた為なにか答えなければという
心理が働いて(それが犯罪現場だと捜査、被害者に協力しなくてはという心理)
できる限りこたえようとします。

実際は見ていないのに見たような・・・であたかものように発言します。

あらゆる人種が生活しているアメリカにおいて
その人種すらバラバラ、当然背かっこう、年齢はバラバラ、性別さえ一致しなかったそうです。

満員電車には気をつけましょう 

さらに記憶について言うと別の意味であいまいになるのは
見たまま、聞いたままを言葉にするのは難しいという点です。

これは何の調査だか忘れましたが本で読んだことです。

この時点で僕の記憶もあいまいですが・・・・

ひき逃げ事件の現場での目撃者証言です。

刑事「犯人を見ましたか?」
目撃者「見ました」
刑事「どんな人でしたか?」
目撃者「髪を明るい色に染めた若い男がとても急いで赤信号で進みました。
       絶対あの車が悪いです。」

犯人が捕まって一つ違う点がありました。

年齢は40代で決して若い男ではありませんでした。
目撃者は髪を明るい色に染めてる時点で若いと決め付けてしまいました。

そういった固定概念による主観が正しい記憶の邪魔をするわけです。

もっと言えば、彼がありえん位長時間低賃金、上司もひどい誰もが同情する
仕事をしていてそのストレスで白髪になりそれを隠す為に髪を染めてる
という事情を目撃者が知っていたら、

彼の母親が発作で倒れて病院に急いでるという事情を知っていたら。

証言は、正確には言い方は変わっていたと思います。
もっと言えば嘘が含まれた証言になっていたかもしれません。

もちろん言ってる本人は嘘だと思わない、結果嘘なんですけど
その人の中で嘘が真実になるということもあるということです。


同情による主観が記憶を正しく言葉にしないという事だそうです。



これは僕が学生時代10年位前の実例ですが、コンパで主催の女の子が
「私の超仲いい友達つれていくから~超かわいいよ~」
と言ってかわいい子が来た試しがないのはその為です

ん~この例えちょっと違うか

ちょっとチャラくて自信家っぽいアイドルが実は過去や裏では苦労してるというのを
情熱大陸なんかで放送されたらその人の評判があがるのはその為です。

ん~これも違うかな・・・

とにかく人の言葉にはその人の主観がてんこ盛りなので
店員と友達みたいに仲いいお店のことは
「すげー商品ありましたよ!」みたいに良い印象を人に伝えるし
たまたま気にいらなかった店の事は(店員さんの対応とか店の匂いとか音楽とか)
「なーんもないっすよ、あの店」と悪く伝えるし
両方の意見を聞いた方はさっぱりわからんし
その店の商品はどっちの人が見ても同じ物なのに
いい物があるんだかないんだか理解不能です。

「なんで二人ともまったく違う事を言うん(笑)?」
二人は僕があっとると主張します。


今日は二人の仲いいお客さんに理解不能にされたんで
研究結果を報告しときました



DSC02327.JPG
DSC02328.JPG

50's 片V バックプリント ヴィンテージスウェット ¥21000

50年代の片Vです。
バックプリントは珍しいですね。

プリントはなんかの記号みたいなんですが、
すみません、なんの事だかわかりません教えてください。

色は白でサイズはM~Lの着丈もちゃんと残っていいサイズです。
リブも長いです。

主観なしでいいスウェットです
主観なしで遊びにきてください。


ちなみに↑の研究によると悪く言ったほうの人も
その店員が40度の熱で立っとくのもやっとだと知ったら、
さっきイカレタ怖い人が来て叫びながら黒酢をばらまいて行ったとしったら、
店のBGM用のCDプレイヤーが壊れて八代亜紀のテープしかなかったと知ったら、
そこまで悪くは言わなかったということです。

ちなみに当然ですが黒酢と八代亜紀のくだりは100%フィクションです。

まあお客さんにはそんな店の事情関係ないんで
販売って難しいなーと心に染みた日でした。


広島の古着屋 Juicy でした。

PR
ハラダ 2008.03.06
Juicy 2008.03.07

Comment Form

Name
Title
E-Mail
WebSite
文字色
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback URL

広島のビンテージ・古着屋 Juicy.

広島のビンテージ・古着屋 Juicy. のブログ 広島の古着屋 Juicy.が古着商品、古着の楽しさを紹介します。広島近辺の古着好きの方ぜひお店にも遊びに来てください。

shop info

HN:
Juicy. 
性別:
男性
自己紹介:
広島市中区堀川町7-14
射手座ビル3F
(パルコ新館の裏)
TEL:082-247-3561
open 12:00-20:00
close 火曜日
MAIL:juicy@hi.enjoy.ne.jp
通販可(TELかMAILにて)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/18 Juicy.]
[03/21 ヘラルド山本]
[03/13 Juicy.]
[03/13 サンライズ]
[03/13 Juicy.]
[03/12 福岡]

携帯用URL

アクセス解析

カウンター

CSStemplate.shinobi.jp
忍者ブログ [PR]